メルカリ手数料はいくらかかる?手数料を減らして利益を上げる方法。

メルカリ


こんにちは。ももてぃんです。

私はメルカリユーザーで、

月収の4分の1ほどを

メルカリからの収入で得ています。



ももてぃん。
ももてぃん。

しっかり戦略を立てて販売すれば
初心者でも稼げるよ!



今回はそんな私が

「初心者でもメルカリで利益を上げる方法」

「メルカリの手数料」

について解説していきます。



手数料についての知識がないと

「売れたけど利益が低い」

なんてことになるので気をつけましょう。





1.メルカリアプリは無料で使える


メルカリアプリの

ダウンロードは「無料」です。




ももてぃん。
ももてぃん。

「会員登録も無料」なので
初心者にとって始めやすいよ!






また、出品にも

手数料がかからないので

「試しに出品してみようかな!」

という気楽な気持ちで出品できます。




※メルカリの登録から
 発送の仕方まで詳しく説明している記事
メルカリで稼ぐことは容易?販売手順を解説!


1.メルカリ会員登録で300円のポイントがもらえる


会員登録の際に、

招待コードの入力をすると

「300円分のポイント」がもらえます。




私の招待コード「TRPJND」

入力していただけると嬉しいです()



2.メルカリ初心者が利益をあげる方法


メルカリで利益を上げるために

気をつけてほしいことが5つあります。


1.商品に迷ったら売れ筋の物を売る。

2.商品の写真は綺麗に撮る。

3.商品説明文は具体的に書く。

4.商品が落札されたらすぐ対応する。

5.商品発送時、「梱包」は丁寧にする。



これら5つを意識し、

スムーズな取引を目指してください。


ももてぃん。
ももてぃん。

お客様のことを第1に考えて
取引するのが1番のコツだよ。





メルカリで稼ぐために
初心者がやるべきことについて
詳しく説明している記事
メルカリで月1万以上稼ぐ!初心者がやるべき5つのこと。



3.メルカリでかかる手数料は3つ


メルカリの利用は無料です。

ではメルカリは

何で利益を得ているのか?

答えは「手数料」です。




手数料は以下の3種類です。


・支払い手数料

・販売手数料

・振込手数料


※手数料に加え、送料もかかります。
送料は出品者側が負担することが多いです。




メルカリで出来るだけ

利益を大きくしたいのであれば

「手数料をできるだけ減らす」

ことが重要
になってきます。



例)2000円の商品に対し、
 手数料700円と500円なら
 手数料が安い方が利益が大きいですよね。


ももてぃん。
ももてぃん。

「手数料を減らすこと」
が利益増につながるよ!




1.支払い手数料はいくらかかる?


支払い手数料は

購入者側が負担する手数料です。


以下の支払い方法だと

手数料が100円かかります。


・コンビニ払い
・ATM払い
・d払い
・メルペイあと払い(手数料300円)
・ソフトバンクまとめて支払い




支払い手数料を無料にしたい場合、

「クレジットカード・メルカリ売上金
 ・ポイント・Apple Pay」

で購入するといいです。



私は普段、メルカリの売上金を

ポイントに変えて商品を購入しています。


クレジットカードがある場合は

クレジットカード払いをオススメします。


ももてぃん。
ももてぃん。

楽天カードなら
1%のポイントがたまるよ!





2.販売手数料はいくらかかる?


販売手数料は、

出品者側が負担する手数料です。

手数料は販売価格の10%になります。



例)3000円で商品が売れると、
 販売手数料は300円です。
 かなり大きいですよね…




販売手数料を減らすには

販売価格の最後の桁を

「9」にすると良いです。



例)販売価格1000円なら手数料100円
  販売価格 999円なら手数料 99円
  となり、どちらの価格で売っても
  販売者の利益は900円です。


  購入者側からすると、
  999円の方が嬉しいですよね。



3.振込手数料はいくらかかる?


メルカリでの売上金を

銀行に振込してほしい場合、

振込手数料が200円かかります。




なので、出来るだけ売上金が

貯まってから振込申請しないと

利益が下がってしまいます。




ちなみに、売上金の申請期限は

半年ほどある
ので、

すぐに引き出さなくても大丈夫です。




振込手数料を払いたくない場合、

「売上金で買い物する」
「メルペイで使う」

という方法があります。



200円も取られたくない!という方は

ぜひ上記の方法を使ってください。



4.手数料に加え、送料もかかってくる。


送料は出品者側が負担することが多いです。

「送料込みで出品する」

ほうが売れやすい
ことが理由です。




自分が購入者側なら、

送料無料のほうが嬉しいのは当然です。




つまり、メルカリの販売利益は

販売価格ー手数料ー送料

ということになります。




送料を安くしたい場合、

「ゆうゆうメルカリ便」の

「ゆうパケット」を使うと良いです。

送料は全国一律175円です。




※A4以下・重さ1キロ以内・厚さ3センチ以内
 などの決まりがあります。



4.販売手数料を他のフリマと比較


メルカリの販売手数料は10%です。

かなり大きいですね。



一方、楽天のフリマアプリである

「ラクマ」の販売手数料は3.5%です。

メルカリより安いですね。



ただ、ラクマはメルカリより

出品数や利用者が少ないので

「売れにくい」というデメリットがあります。




また、Yahoo!が運営する

「ヤフオク」の販売手数料は

Yahoo!プレミアム会員なら8.8%
Yahoo!プレミアム会員でないなら10%

になります。



※Yahoo!プレミアム会員登録には
 月額462円(+税)かかります。



5.最後に


メルカリで利益を大きくしたければ

「出来るだけ手数料を減らす」

ことを意識してください。



以下やり方をまとめました。



支払い手数料
→売上金やクレジットカード使用で無料に。


販売手数料
→最後の桁を9にする。


振込手数料
→売上金で買い物orメルペイを使う




それでは今回はここまでになります!

最後まで見てくださってありがとうございました!😎

いいねお待ちしてます♪

ではまた( ◠‿◠ )❤️ ももてぃん。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました