やる気が出ない時でも作業に取り組める3つの方法!

生活

・やる気を出したい
・やる気が出ないけど作業したい気持ちはある

という方に向けた記事になります。


作業したいけどゴロゴロしたい…そのような状況に何度も陥った私が、作業に取り組めるようになった理由を解説します。


一緒に悩みを解決していきましょう。


この記事では

✔︎やる気が出ない時でも作業に取り組める3つの方法

について知ることができます。

作業効率化を行い生産性を向上させる方法
-【関連記事】-





1.やる気が出ない時でも作業に取り組める3つの方法


やる気が出ない時は、やる気が出ない原因を考えて取り除くという作業を行えばOKです。


具体的には以下のことをしていきます。

①作業の目的・目標を明確にする
②思い込みを利用する
③優先順位を考える

項目ごとに見ていきましょう。

1.作業の目的・目標を明確にする


作業目的がハッキリしていないと、先が見えなかったり途中で何をしたらいいか分からなくなります。

ももてぃん。
ももてぃん。

自分は何のためにこの作業をしなければならないのか?

この部分が分かっていれば作業できます。


作業の目的・目標が強ければ強いほど、勝手に作業に向かえます。


-例-
私は英検に合格したいから英語を勉強する。
これだと目的が弱いなら、「英検に合格しないと就職できない」などの理由付けもあると良いです。

2.思い込みを利用する


思い込みは、無意識のうちに自分を操作します

・できないと思うとできない


逆の発想をしましょう。

・できると思えばできる


これは実際に検証されています。


一つ例を紹介します。

「1マイルは4分以内で走れない」と言われてきました。

長年、4分以内で走る選手は出てきません。

しかし、ロジャー・バニスター選手が1マイル4分の壁を破りました。

その後、1マイル4分を切る選手が何人か現れたのです。

「できる」とわかって挑戦した結果ですね。


「できない」と決めつけていたらできないし、「できる」と思えばできた!という例でした。


-ポイント-

ももてぃん。
ももてぃん。

できると思えばできる!!

3.優先順位を考える


やらなければいけない作業が多い時は、「優先順位」をつけましょう。


方法はいたってシンプルです。

①今日やる作業を書き出す
②優先順位をつける
③順番に作業していく


重要度の高いものから作業していきましょう。


-ポイント-
作業に優先順位を付け、重要なモノから取り組んでいく。

2.やる気が出ない時でも作業に取り組める3つの方法まとめ

①作業の目的・目標を明確にする
②思い込みを利用する
③優先順位を考える

について解説しました。


作業に取り組めるかは、作業の目的・目標が強いかどうかがポイントになってきます。


また、目標に向かって一緒に頑張る友達がいれば強いです。

ももてぃん。
ももてぃん。

一人で作業できないなら友達と作業しよう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました