老後のためにいくら貯金できるのだろうか?

money



私たちは老後のために

20歳から国民皆保険の

保険料を納めています。


しかし現在の少子高齢化によって

高齢者の数が増えており、

国が年金を給付する財源 (税金)が

枯渇
しつつあります。


この制度のままいくと、

私たちが年をとった頃には

年金が貰えないor給付金減額

予想されます。


というのも、2019/06/03に

金融庁が「20~30年で1300~2000万必要である」

という声明を出しています。

(同年06/11に発言を撤回)



これは、「年金だけでは生活できないから

各自自分で貯金しといてね」


と言っているようにしか聞こえないですよね?


ですが実際のところ、

1300万〜2000万円を貯金するのに


どれくらいかかるの?


毎月いくら貯金しなきゃいけないのか?


そんなの貯めれる?


といった疑問が浮かび上がってきます。


お金に余裕のある方ならいいですが、

例えば現在40代で、

あと20~25年くらいしか働けないのに

急に、「2000万貯金して」

などと言われても慌てるでしょう。


せっかくなのでここで疑問を

解決していきます。


今回は、Twitterで人数の多かった「現在20代の方が

これからどのようにお金を貯蓄していけば良いのか」

を一緒に見ていきます。


今回もカテゴリごとに色分けしているので、
気になるところだけ見ていってください!


↓  go  ↓


<国民年金とは>


日本には公的年金制度が3種類ありますが、

今回は一番馴染みのある

国民年金だけ見ていきます。


国民年金は、

「日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。」

が加入し保険料を納め、

老後に「基礎年金」を受け取る。

というのが一般的な流れになります。


また、国民年金は

「第1号被保険者」:自営業者、学生、無職の人など。

「第2号被保険者」:会社員、サラリーマン

「第3号被保険者」:第2号被保険者の配偶者 ※

に分けられ、どれにあたるかで保険料が変わってきます。

※ただし、年収が130万を超えた場合、第1号被保険者となります。


<国民年金の保険料>


自分が毎月どのくらい保険料を納めているか

知っていますか?

パターン別に見ていきましょう。


「第1号被保険者」

保険料は月額16,410円です。

毎月月末にはらっても良いですし、

まとめて前払いをすると少し安くなります。

※2年分で最大15,760円安くなります。


「第2号被保険者」

国民年金に加え、厚生年金にも加入するのですが

保険料は、個人と会社が半分ずつ負担します。

毎月の給料から保険料を引かれており、

会社が納めることになっています。


「第3号被保険者」

保険料は第2号被保険者が払う保険料に含まれているので

保険料を支払う必要はありません

ただし、年収130万円を超えてくると、

第1号被保険者として保険料の負担が発生します。


<日本の平均月収>


厚生労働省の統計(平成30年分)から

「日本人がどれだけ稼いでいるか」

を年代ごとに調べてみました。


20~40歳までの平均月収を紹介すると、

「20~24歳」:男性212 女性206 (単位 千円)

「25~29歳」:男性247 女性229

「30~34歳」:男性289 女性243

「35~39歳」:男性325 女性253

こんな感じになります。


年齢、性別によって

結構変わってきますね。

年収が気になる方は、

上の数字に12掛けて計算してみてください。


<年齢層別平均貯蓄>


今度は貯蓄額を調べました。

「29歳以下」:181.4 (万円)

「30~39歳以下」:515.9

「40~49歳以下」:886.5


貯蓄がある、貯蓄がない、借金がある、

様々な項目がありましたが、

思っていたより「貯蓄がない」「借金がある」

人の割合や金額が大きくてびっくりしました。


もし仮に2000万円貯蓄しなければならないとすると、

平均より少し多いくらい貯蓄することを

目標にしなければいけないです。


<毎月貯蓄すべき金額>


これは人によって変わってきますが、

所得の15~20%を目安に貯金するといいと思います。

年収ごとに所得の20%貯蓄する設定で見ていきます。


「200万円代」:180,000×0.2=3万6千円

「300万円代」:230,000×0.2=4万6千円

「400万円代」:290,000×0.2=5万8千円

「500万円代」:310,000×0.2=6万2千円


※所得から税金を引いた、可処分所得に0.2掛けて計算しています。


<いくら貯蓄できるだろう>


先ほどの計算を参考にして、

60歳になるまでにいくら貯蓄できるか見ていきます。

※23~60歳までの37年間働くとする。


「200万円代」:36000×12×37=1598万4千円

「300万円代」:46000×12×37=2042万4千円

「400万円代」:58000×12×37=2575万2千円

「500万円代」:62000×12×37=2752万8千円


え!意外と2000万円貯まるやん

と思いました。


それに、収入は年齢とともに上がる傾向にあるので、

毎月コツコツ貯めていたら

問題はなさそう
ですね。


それに、ボーナスは計算に入れていないので、

毎月コツコツ貯金するのであれば

ボーナスは使っても大丈夫です♪


※夫婦だと二人合わせて4000万円いると考えると

もう少し多めに貯金するか

奥さんが働くしかないのかなという感じです。


所得の使い道を改めて考え、

計画的に貯金をするべきですね。


大変ですが、それほど無茶な数字ではないことが

分かり、安心しました。


それでは今回はここで終わります。

最後まで見てくださってありがとうございました!😎

いいね待ってます♪

ではまた( ◠‿◠ )❤️ ももてぃん

コメント

  1. […] また、以前、 「所得に対してこれだけ貯蓄すべきだ」 という記事を出しましたので そちらも参考にしてください。(URL→https://momotapi.com/how-much-can-we-save-money-by-old-age/) […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました