てんかん治療生活7年目。病気と向き合い楽しく生きる【体験談】

生活

・てんかんにかかった
・てんかんの家族・友人がいる

という方に向けた記事になります。


私は高校生の時にてんかんを発症し、現在も治療生活をしています。


高校生の時は症状が重く、何度も発作を起こし、入院生活も経験しました。


正直辛く、なぜ自分なんだと恨みました。


しかし現在では病気と向き合い、楽しく生活できています。


そんな私の体験談を全てお話ししていきます。

・てんかんになって不安

そんな方の励みになればと思います。


この記事では

✔︎てんかんの特徴や原因
✔︎発作が出たときの対処法
✔︎てんかんと向き合い楽しく生きる【体験談】

について知ることができます。



1.てんかんとは


てんかんについて少し簡単に解説します。

①てんかんとは
②てんかんの特徴

項目ごとに見ていきましょう。

1.てんかんとは


てんかんは100人に1人がかかると言われている病気です。


しかし、症状が出なければ普通の人と同じように過ごせるので、「てんかんです。」と言わなければ分からないです。

ももてぃん。
ももてぃん。

「私、病気です。」と言うのが嫌なのと、てんかんのことをあまり分かってもらえないことが多く、言えないです。


てんかんは、脳が突然電気的な興奮を起こし、発作を繰り返す病気です。


発作にも種類がたくさんありますが、脳波を測定することで分かります。

ももてぃん。
ももてぃん。

発作の種類は患者さんによって異なります。


-ポイント-
てんかんは100人に1人がかかると言われている病気。
てんかんは脳の突然の電気的な興奮により発作を起こす。

ももてぃん。
ももてぃん。

見た目では分からないので、身近にいるかもしれません。

2.てんかんの特徴


てんかんの特徴は以下の通りです。

・発作が起きる
・症状が出なければ普通の人と同じように生活できる


てんかんは発作を起こす病気ですが、発作が起こらなければ普通の人と同じように生活できます。


私は薬を飲んで発作が起こるのを抑制しています。

ももてぃん。
ももてぃん。

毎日決められた量の同じ薬を飲んでます。


-ポイント-
発作が起こらなければ普通の人と同じように生活できる。
発作を抑制する薬を飲む治療が多い。

ももてぃん。
ももてぃん。

てんかんは脳の病気なので手術をすることが難しいですが、可能な方もいます。

2.発作が出たときの対処法


発作が出たときの対処法は以下の通りです。

①安全な場所に移動させる
②横にする
③てんかんの様子を観察する(そっと見守る)

項目ごとに見ていきましょう。

1.安全な場所に移動させる


危険な場所(角のあるような場所)の近くで発作を起こし、倒れた場合は安全な場所に移動させましょう。

ももてぃん。
ももてぃん。

意識がない状態でけいれんしているので、危ない場所に当たらないようにお願いします!

2.横にする


発作後、食べ物を吐く時があります。


吐いた物が喉につまらないよう、体を横むけにしておいてください。

3.てんかんの様子を観察する(そっと見守る)


初めて目の前でてんかん発作を見ると、どうしても焦ってしまいます。


ですが、落ち着いて行動してください

体を押さえる・ゆすることはNGです。声をかけるのもダメです。

ももてぃん。
ももてぃん。

私のお姉ちゃんは焦って、体を押さえたり声をかけたりしてしまったらしいですが😅

3.てんかんと向き合い楽しく生きる【体験談】


ここからは、私が実際に「てんかん」とどう向き合って生活してきたかをお話していきます。

1.15歳で「てんかん」を発症


私は高校1年生の時に「てんかん」を発症しました。


症状は重く、発作を繰り返していました。


体調不良が続き学校を休むことが増えたり、入院生活をすることもありました。

ももてぃん。
ももてぃん。

入院生活は思ったより暇でした。


学校行かなくてラッキーと言うより、学校に行きたいと思うくらいつまらなかったです。


学校では、友達が気を使わずに接してくれていたので楽しかったです。


学校で倒れてしまった時も、先生というより友達が対応してくれていました。

ももてぃん。
ももてぃん。

いつも保健室に走ってくれていた友達には本当に感謝しています。

2.薬の種類・量が安定してくる


てんかんは「脳神経外科」で診てもらいます。


私は「てんかん」に詳しい専門の先生に診てもらっていますが、最初は知らないと思うので脳神経外科で診てもらうと良いです。


てんかんの治療はてんかんの発生を抑制する薬を飲むことが大半です。


まずは「自分にどの薬が合うのか」を薬を飲みながら決定していきます。

ももてぃん。
ももてぃん。

私は薬の種類・量が安定するまで4年程かかりました。

3.1年半以上発症なしで安定


自分に合った薬を見つけるまで時間がかかりましたが、薬が安定してから1年半以上発症がないです。


毎日忘れずに薬を飲んでいると普通の人と同じように生活できています。

ももてぃん。
ももてぃん。

たまに忘れてしまうので、家族の支えがありがたいです。


発症しないときは普通の生活ができるので自分が病気だということを忘れてしまいがちですが、自分が病気だという意識をしっかり持ち、病気と向き合うことが大事です。

4.てんかん治療生活7年目


てんかん持ちですが、大学にも通ってますしアルバイトもしています。

ごく普通に生活しています。


いつも気をつけているのは以下の3つです。

・睡眠を十分にとる
・飲酒はしない
・薬を飲み忘れない


上記3つを守っていれば、発作が起こることはほとんどないです。


病院の先生に言われた通りに生活していれば、症状は良くなります。

ももてぃん。
ももてぃん。

最初の方の治療は辛いですが、頑張っていきましょう!

4.てんかんまとめ

①てんかんの特徴や原因
②発作が出たときの対処法
③てんかんと向き合い楽しく生きる【体験談】

について解説しました。


【てんかんについてもう少し詳しく知りたい方はこちら】


「てんかん」のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました